生活雑貨・家具

インテリア情報サイト「生活雑貨・家具」の住まいのイメージ


大事な住まいのコンセプト

リフォームや住み替え、新しい家を建てる、引っ越しの際に、何が一番楽しいかと言えば、その住まいにどのような家具を置いて、そのような設備を組み入れて、どんな部屋をつくって、どのようなイメージで全体のバランスをとっていくかですが、もともと組み入れられられている設備(例えばシステムバスやキッチン)意外はほとんど自分の意志で、どうとでも配置できるのです。明らかに大型の家具や、あらかじめ設置場所が決まっている家具(例えば子供の為のダブルベッドやお婆ちゃんの介護用品や介護の為の設備)を除いては、自分のイメージ通りの住まいを決められるのです。新しいスペースを得たら、色々な構想がわくのでそれぞれの家具をおいてどのような感じになるか早い所確かめたくなります。今は家具を置いたり、カーテンの色を決めたり、自由自在にシュミレーションできるインテリアの為のフリーソフトなどもありますから、重い思いをして家具を動かし、配置を考える必要がなくなりました。また、方角などを考え、太陽の差しこむ側の窓や、逆に北側に何を置くかで部屋の採光を調節していくことも出来ます。まず大事なのは住まいのコンセプト、イメージを決める事。ログハウス調にしたいのか、スタイリッシュにしたいのか、それとも和風にしたいのか。沢山の選択肢の中で選ぶのが大変なら、部屋をコンセプト毎にわけてもいいでしょう。

部屋に合ったインテリアを

マンションや一戸建ての設計にも和室、洋室がそれぞれ合ったりするように、今は、和室にカーテンでも、洋室に和風のインテリアもありです。自分のセンスに従って自由に生活空間をデザインしていってください。また、若い女性を中心にエスニック、アジアンテイストの部屋が人気です。非常に安らげる雰囲気で、生産地の物価が安いせいでアジアンの家具や生活雑貨は比較的安価で手に入りますからその魅力も手伝って自分の部屋をオリエンタル風、南国風、混合風に演出している方もいるようです。自分なりのリラックスルームを作りあげるのは楽しみの一つです。また西洋人の富裕層は日本の調度、家具やインテリアや骨董品を部屋に取り入れ、日本的なわび、さびをプライベートな空間に用い、緑茶を飲みながらその雰囲気を満喫することもあるようですね。誰もが自分の居場所が必要ですし、また人によって安らげるイメージはそれぞれです。住まいのイメージは、自分の中に潜在的にあるもの。自分がもっとも安らぎリラックスできるものを中心に考えていきましょう。また自分の好きな色などを中心にインテリアを考えてもいいでしょうね。